40代で白髪染めをやめたい!グレイヘアにする以外の選択肢もある

比較的早い時期から白髪が目立ってきた人の多くは、白髪染めで対策してきたのではないでしょうか。

でも、髪や頭皮のダメージやお財布的な理由で「できれば白髪染めをやめたい!」という人も少なくないですよね。

とはいえタイミングが40代であれば、まだ早いかも?他にどんなケアをしていけばいい?などと不安もあることでしょう。

そこで今回は、40代で白髪染めをやめることは可能かどうか、さまざまな点から見ていきます。

染める以外の白髪ケア方法をお悩み別でご紹介しますので、ぜひ最後までお見逃しなく!

 

目次

40代で白髪染めをしている女性は75.4%! でも…「いつかはやめたい!」

40代で白髪染めをしている女性は75.4%! でも…「いつかはやめたい!」


「ホットペッパービューティーアカデミー」(株式会社リクルートライフスタイル)が20~69歳の男女を対象におこなった「白髪に関する意識調査2018」によると、40代で白髪染めをしている人は全体の75.4%。

かなりの割合で白髪染めをしていることがわかります。

一方で、主婦の友社の「白髪(グレイヘア)と白髪染めに関するアンケート」(回答者:30~81歳の女性720名 平均年令45.6歳)によると、いつかは白髪染めをやめたいと思っている人は全体の80.6%という結果が。

やはり、多くの人がいつかは白髪染めをやめたいと思っているようです。

白髪染めをやめたい理由

実際、筆者のまわりでも「白髪染めをやめたい」と話す40代の女性は少なくありません。

その理由としては、

・染めてもまたすぐに生えてくるからキリがない

・お金も時間もかかる・髪や頭皮へのダメージが気になる

などが挙げられます。

でも、いざやめるとなると気になるのが「白髪染めをやめたときのメリット・デメリット」ではないでしょうか。

40代で白髪染めをやめるメリット・デメリット

40代で白髪染めをやめるメリット・デメリット


仮に40代で白髪染めをやめたとすると、どのようなことが想定できるでしょうか。

メリット・デメリットそれぞれを見ていきましょう。

40代で白髪染めをやめるメリット

メリット


まずはメリットから。

大きくわけて、次の2点が挙げられます。

髪や頭皮が傷まず、健康な髪が手に入る

白髪染めは髪や頭皮に大きなダメージを与える、という話を耳にしたことはありませんか? 

それもそのはず、一般的な白髪染めは、髪に塗布した薬剤によって無理やりキューティクルを開き、そのすき間から染料を髪の内部に浸透させて髪を染めていきます。

同時に、薬剤に含まれる酵素がメラニン色素を分解し、髪を脱色させるのです。

また、市販されている白髪染めには「ジアミン(正式名称:パラフェニレンジアミン)」と呼ばれる合成化学物質が使われていて、髪や頭皮に大きなダメージを与える原因だと言われています。

なかには、頭皮がかぶれたりアナフィラキシーショックで生命に関わる重篤な症状が現れることも。

白髪染めをやめれば、髪や頭皮を傷めることがなくなるので、健やかな髪が手に入ると言えるでしょう。

これは大きなメリットです。

白髪染めにかけていたお金が浮く

白髪染めは、一度染めたらおしまいというわけではなく、1ヶ月から1ヶ月半くらいを目安に染め続けなくてはいけませんよね。

美容院で白髪を染める場合、1回あたり6,000円から1万円前後は必要です。

市販の白髪染めを買って自分で染める場合は、1,000円から2,500円程度が相場でしょう。

たとえば、月に1回美容院で染めたとすると、かかる費用は年間で最低でも7万円以上!

セルフの場合でも、1万5,000円近くはかかります。

これらのお金が浮くとなると、大変お財布にやさしいと言えるでしょう。

40代で白髪染めをやめるデメリット

デメリット


一方、白髪染めをやめることで、デメリットもあります。

老けて見える

ひとつめは、白髪の割合が増えて目立ってくると、どうしても実年齢より老けて見られがちです。

化粧品メーカーのドクーターシーラボがおこなったアンケート調査によると、老けて見える特徴の第一位が「白髪」であり、白髪が生えていると実年齢より5歳以上老けて見えると回答した人は8割以上、そのなかでも10歳以上老けて見えると答えた人は約2割だったという結果が出ています。

まだ40代なのに、50代に見られてしまったら…ショックですよね。

疲れているように見られる可能性がある

白髪は老けて見えるだけでなく、疲れている印象を与えてしまいかねません。

ヘアケアメーカー ホーユーの調査によれば、白髪の中でも染めたあと日にちが経ってキラキラ浮いている白髪に気づいたとき、「疲れた印象」だと言う人は3割弱でした(ちなみに、「老けた印象」と回答した人は、56.2%!)。

白髪はすぐに生えてくるから、念入りにメンテナンスする必要がありますね。

身だしなみに気を使っていないと思われることも

同じくホーユーの調査では、白髪があると「手を抜いている印象」「女をあきらめている印象」などのネガティブな意見も…。

白髪染めは嫌だけど、なにかケアはしていかないと見た目的になかなか厳しいのが現状のようです。

【40代のお悩み別】白髪染め以外の白髪ケア方法

白髪染めをやめるメリット・デメリットをふまえたうえで、「やっぱり白髪染めをやめたい!」という人に向けて、ここからはお悩み別に白髪染め以外の白髪ケア方法をご紹介していきます。

【40代のお悩み①】白髪を染める手間とお金をなんとかしたい

【お悩み①】白髪を染める手間とお金をなんとかしたい


白髪はたとえ染めてもすぐに新しい毛が生えてきます。

そのため、定期的に白髪染めをする必要があるので、その分お金も時間もかかるのが困りもの。

そこで、白髪が生えてきても目立ちにくい、できるだけ長持ちする白髪染めの方法をご紹介します。

【解決策】白髪が目立ちにくいカラーを選ぶ

ただ地毛に近い色に染めるのではなく、せっかくなら白髪が目立ちにくいカラーを選んで、上手に白髪ケアしていきましょう。

・明るめのブラウンにする

おすすめは、明るめのブラウン(ナチュラルブラウンやベージュ系ブラウン)です。

いわゆる栗色と言われるカラーは日本人の髪色に馴染みやすく、白髪が生えてきても目立ちにくい色味です。

さらに、顔色を明るく見せるといううれしい効果もあります。

・ハイライトやローライトを入れる

髪の一部分だけ(筋状)を全体の髪色よりも明るくするハイライトや、反対にベースの髪色よりも暗くするローライトを入れるのも、白髪を目立ちにくくするテクニックのひとつ。

根もとが伸びてきてもあまり目立たず、髪全体が立体感のある印象を与えてくれます。

【40代のお悩み②】頭皮や髪のダメージを少なくしたい

【お悩み②】頭皮や髪のダメージを少なくしたい


市販の白髪染めはもちろん、美容院の白髪染めであっても、やはり頭皮や髪にダメージを与えてしまうものです。

白髪染めを繰り返して、すっかり髪が傷んでしまった…という人も多いですよね。

【解決策】負担の少ないカラートリートメントを使う

できるだけ髪や頭皮に負担なく白髪を隠すには、カラートリートメントがおすすめです。

シャンプーの後のトリートメントを白髪ケア専用のものに変えるだけで、髪にツヤを与えながら、少しずつ白髪を目立たなくしてくれます。

KAMIKA白髪染めカラートリートメント

KAMIKA白髪染めカラートリートメント


白髪と傷んだ髪のケアが同時にできるカラートリートメント。

髪の表面だけを染めるので、ダメージヘアでも安心です。

使うほどに白髪が目立たなくなり、ヘマチンやメリタン、植物・海藻などの美容成分がツヤのある美髪に近づけてくれます。

ローズブラウンとアッシュブラウンの2色展開。

【内容量】200g 【価格】3,980円(税抜)

・マイナチュレ オールインワンカラートリートメント

マイナチュレ オールインワンカラートリートメント


植物由来原料を約94%使用、長期間使用しても身体に負担がないように配慮して作られたカラートリートメント。

2種類のケラチンやドライヤーの熱から髪を守るヒートプロテクト効果などにより、艷やかでしなやかな髪が期待できます。

ブラウンとダークブラウンの2色展開。

【内容量】200g

【価格】3,980円(税抜)

【40代のお悩み③】白髪染めやカラー自体が体質的に合わない

【お悩み③】白髪染めやカラー自体が体質的に合わない


なかには、ジアミンアレルギーなどで体質的に白髪染めやカラーが合わないという人もいますよね。

無理に染め続けると、健康に害が出てしまうためとても危険です。

【解決策1】白髪が目立たないヘアスタイルにする

染めることが体質的に難しい人は、ヘアスタイルで白髪をカバーしましょう。

・前髪を作る

白髪が顔周りや生え際に多い人の場合、前髪を作ることで気になる部分が隠れますし、白髪が生えてきても目立ちくいのでおすすめです。

・分け目をぼかす

分け目も白髪が気になるポイント。

生えてきた白髪がツンツンと飛び出してくるのはできるだけ避けたいですよね。

そこで、ハッキリと分け目を作るのではなく、左右にジグザグと分け目を作ってみましょう。

コームやヘアピンなどの尖ったものを使うと、簡単にできます。

ふんわりとトップにボリュームが出るので、薄毛に悩む人にもおすすめ。

・ショートカットにする

思い切ってショートヘアにするのも、白髪が目立ちにくくなるおすすめのヘアスタイルです。

その際は、少し重ためのシルエットにし、トップにボリュームを出すのがコツ。

頭頂部の白髪が目立ちにくく、白髪が新たに生えてきてもカバーしやすいのでおすすめです。

もっと詳しく白髪が目立たない髪型について知りたい人は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

 ▶白髪が目立たない髪型は?ヘアアレンジ&髪型で気になる白髪を隠す方法

【解決策2】グレイヘアにチャレンジする

【解決策2】グレイヘアにチャレンジする


白髪そのものを活かした「グレイヘア」が最近話題です。

有名人でも、白髪染めをやめてグレイヘアにチェンジした人がたくさんいます。

ただし、白髪を放置すれば良いわけではなく、美しいグレイヘアを保つには、しっかりメンテナンスしていくことが必須。

白髪は黒髪よりもパサつきやすく、うねりなども出やすいので、しっかりと潤いを与えてケアしなくてはいけません。

また、完全に白髪になるまでの移行期は、そのままでは白と黒が入り混じっていて変に目立ってしまうおそれがあります。

数ヶ月に1度は美容院に行き、美容師さんに相談しながらヘアスタイルを調整していく必要があることは覚えておくとよいでしょう。

グレイヘアについて詳しく知りたい人は、こちらの記事もおすすめです。

▶話題のグレイヘアの作り方!白髪を美しくエレガントに見せるヒミツは?

【解決策3】白髪ケアサプリを飲む

白髪をできるだけ予防するためには、内側からのケアも重要。

バランスの良い食事を心がけて、髪にしっかり栄養を届ける必要があります。

でも、なかなか食事だけでは補えないため、髪に良い成分がぎゅっと詰まった白髪ケアサプリを飲むことがおすすめです。

ブラックサプリEX

ブラックサプリEX


現役の美容内科医が成分を監修した白髪ケアサプリメント。

L-リジンや亜鉛、アルギン酸など、こだわり抜いた髪に良い成分9種類をもっとも良いバランスで配合しています。

2019年にはモンドセレクション金賞を受賞している、世界に認められたドクターズサプリです。

【内容量】270粒(約90日分)

【価格】5,980円(税抜)※初回限定・公式サイト価格

・黒ふわり

黒ふわり


ボリュームがなく髪がぺしゃんこ、ツヤがないなどの悩む人にピッタリの白髪ケアサプリメント。

和漢美容成分アキョウや根昆布、セサミン、亜鉛などを配合していて、身体の内側から美髪へと近づけてくれます。

【価格】120粒(約30日分):1,834円(税抜)

40代で白髪染めを辞めることはできる

今回は、白髪染め以外の選択肢をお悩み別でご紹介しました。

40代でも白髪染めを辞めることはできますが、白髪が増えるとどうしても若々しさを保つことは難しいもの。一方でグレイヘアは白髪染めをしていた頃よりもお手入れは頻繁になる可能性も。まずは白髪染め以外の方法で、できるだけ髪や頭皮に負担なく、そして自分自身のストレスがないような白髪ケアの方法を探してみてください。

copyright (c)marketingseven All rights reserved.