白髪染めをすると頭皮がかゆい?対処法とトラブルを防ぐ頭皮ケア法もご紹介

白髪染めをすると頭皮がかゆい?対処法とトラブルを防ぐ頭皮ケア法もご紹介


白髪染めをしたらかゆい、これまで平気だったのに突然かゆくなった、という経験をした人もいるのではないでしょうか。

かゆみのトラブル回避には、カラーの仕方はもちろん、頭皮のケアも大切です。

そこでこの記事では、白髪染めで起こるかゆみの原因と対処法、予防策までを紹介します。

適切なカラーリングとケアで、白髪染めを楽しみましょう。

目次

白髪染めでかゆみが出る原因は?  

白髪染めでかゆみが出る原因は?


白髪染めをしてかゆみが出た場合、それは頭皮がダメージを受けているサインです。

かゆみの原因は大きく分けると「頭皮への刺激」と「アレルギー症状」の2つです。

それぞれについて見てみましょう。

頭皮への刺激

白髪染めのあいだや直後にかゆみが出る場合は、刺激物質が直接頭皮に触れてかぶれてしまうことが原因です(「刺激性接触皮膚炎」と言います)。

美容室でカラー中に「しみてませんか?」と聞かれることがありませんか?

このときにかゆみやぴりっとした痛みを感じる場合は、カラー剤が原因の可能性が高いです。

白髪染めを含むヘアカラーの多くには、脱色剤としてアルカリ剤や過酸化水素(酸化剤)が含まれていますが、人の体は弱酸性なので、肌が敏感な人にとっては刺激が強く、かゆみやフケなどの原因になります。

また、乾燥で肌の水分・油分のバランス崩れるなど、肌のバリア機能が弱っている場合も要注意です。

ジアミンアレルギー

白髪染めをした翌日以降にかゆみが出た場合は、アレルギーが原因です(「アレルギー性接触皮膚炎」と言います)。

白髪染めの中には染色剤として酸化染料が含まれており、その成分の「ジアミン(正式名称:パラフェニレンジアミン)」がアレルゲンになります。

まずかゆみを感じ、さらに赤みや腫れ、ブツブツなどの皮膚炎が出始め、頭皮だけでなく顔や首までひどく腫れることもあります。

ジアミンアレルギーは、最初は赤みが出る程度でも白髪染めを続けることで悪化することや、それまで何年も症状がなくても、やはりカラーの繰り返しによって突然起きることがあります。

その他の原因

体調によって、白髪染めなど外部の刺激に敏感になることがあります。

例えば女性の場合、月経中はホルモンバランスが変わり、ちょっとしたことで肌荒れをするなど刺激に弱くなります。

寝不足や疲れなどで免疫力が低下している場合も、同じことが言えます。

また、ホームカラーの場合、効果の強い白髪染めにかぶれたり、カラー後にしっかり落とせず残った薬剤が原因でかゆみが出ることがあります。

このように、かゆみが出る原因はいくつかありますが、症状をひどくしないためにも早く対処する必要があります。

かゆみが出たときの対処法  

かゆみが出たときの対処法


白髪染めでかゆみが出たら、出来るだけ早く対処することが大切です。

さらに、原因が分かったら、頭皮や髪の負担を減らす染め方に変えましょう。

かゆみが出るタイミングによって対処の仕方が変わるので、順に見ていきましょう。

白髪染めの途中でかゆみが出た場合

白髪染めをする間や直後にかゆい場合は、頭皮が刺激を受けている状態です。

以下の点に気を付けて対処します。

①薬剤が直接肌に触れないようにする

髪や肌についたカラーはよくすすいで、薬剤を肌につけないようにすること。

肌が弱い人は、弱アルカリ性など刺激の少ないヘアカラーを選ぶことをおすすめします。

②頭皮を保護する

頭がかゆいからといって何度も洗ったりすると、肌に必要な油分が奪われ、余計に荒れたりかぶれてしまうのでNGです。

また普段からシャンプーは泡でやさしく洗い、頭皮を傷つけないようにすることも大切です。

白髪染めをした翌日以降にかゆみが出た場合(アレルギー性)

かゆみが白髪染め当日以降に出た場合は、染料であるジアミンが原因のアレルギーの可能性が大です。

アレルギーの場合の対処はまず「医師の診察を受けること」、そして「ジアミンを含む製品を絶対に使わない」ようにしましょう。

ジアミンアレルギーは染めてすぐではなく半日後くらいからかゆみを感じ、翌日以降に強いかゆみや赤みが出てきます。

ひどい場合、頭だけでなく顔全体がパンパンに腫れたり湿疹が出ることもあり、カラーをして48時間後くらいが最もひどくなると言われています。

もし症状が軽くても、違和感がありながら白髪染めを続けると症状は悪化します。

かゆみやブツブツなどが出てきたら自分で対処せず、出来るだけ早く皮膚科専門医にかかりましょう。   

アレルギー発症後、きちんと服薬して治療し、アレルゲンに触れなければ症状は出ません。

しかしアレルギーは一度発症してしまうと治ることがないので、以後はジアミンを含む白髪染めは使えなくなります。

特に、市販の白髪染めやヘアカラーは誰でもよく染まるようにジアミン由来の染料が含まれていることが多いので、使って安全なものかどうか、よく成分を確認しましょう。

以上、ケースごとの対処の仕方を見てきましたが、白髪染めでかゆくなる前に、かゆみを予防できればなお良いですよね。

そこで、次に白髪染めのかゆみ予防のためにできることをいくつかご紹介します。

白髪染めでかゆくなるのを防ぐには?     

白髪染めでかゆくなるのを防ぐには?  


白髪染めでかゆくなる人やかゆみが不安な人でも、染めないわけにはいきません。

そして、刺激成分やアレルゲンを含まない白髪染めを選ぶ、頭皮を保護するなど、かゆみ予防のためにできることはあります。

カラーの仕方・選び方を含め、白髪染め前後にできる予防策を挙げてみます。

体調が良くない日は白髪染めを避ける

シンプルな対策ですが、体調が良くないときは白髪染めを避けましょう。

例えば女性なら月経中の期間、男性でも疲労がたまっている場合などは、免疫力が低下しています。

皮膚の刺激になる白髪染めやパーマなどは、よけいに肌荒れしやすくなります。

パッチテスト   

白髪染めに含まれる脱色剤や染毛剤に対するアレルギーの有無を、事前にパッチテストで確認することができます。

やり方は、①ヘアカラーの1剤と2剤を指定の割合で小皿に取り、綿棒でよく混ぜる

②確認しやすい場所(二の腕の裏側など)に、コイン大の大きさに薄く塗る③30分後と48時間後の2回、チェックする。

の手順で行います。

パッチテストで赤みやかゆみ、湿疹などが出たら、すぐに洗い落とし、その白髪染めは絶対に使用しないようにします。

過去に何も症状が出ていない場合や、ジアミンなどを含まない他の白髪染め製品を使う際にも、都度パッチテストを行うと安心です。

美容室でも申し出ればやってくれますが、テストの結果が出るまでに48時間(2日間)かかるので、テスト当日の白髪染めはできません。

日程に余裕を見て行きましょう。

保護クリームやオイルの使用

保護クリームやオイルの使用


多くの美容室では、白髪染めの前に頭皮を保護するクリームやオイルを使います。

もし事前のケアが無い場合は、保護剤を使って欲しいことを伝えましょう。

クリームやオイルが肌のバリアの役割を果たし、刺激をやわらげます。

自宅でやる場合は、白髪染めやカラーリング時専用の「プロテクトクリーム」「スカルプサポートオイル」などとして市販されているものを使うと良いでしょう。

頭皮を避けて塗る

白髪染めが直接肌に触れないように、クシを使って髪の根元を避ける塗り方もあります。

これは染めムラができやすく難易度が高いので、美容室でやってもらうのがおすすめです。

ただし、染料にアレルギーがある場合は少しでも肌につくと荒れてしまい、洗い流しても、染めた髪自体が刺激になってしまいます。

肌への刺激をやわらげる対策として考えましょう。

ノンジアミンカラーの使用 

アレルギーのリスクを避けるなら、ジアミンを含まない白髪染め(ノンジアミンカラー)がおすすめです。

具体的には、天然のハーブが原料のナチュラルヘナ、髪の表面だけをコーティングして染めるヘアマニキュア、植物や海藻由来の天然染料を含むヘアカラートリートメントなどです。

ナチュラルヘナは100%植物由来なので、化学染料でかぶれてしまう人には安心ですが、染毛に時間がかかる(カラーして3時間置く必要があります)ことや、人によって髪がきしむ感じがすることなどがデメリットです。

ヘアマニキュアは、髪を脱色して色を入れる白髪染めやヘアカラーと違い髪の毛をコーティングする形で色をつけるので、髪に負担が少ないのがメリットですが、自分で均一に塗るのが難しい、色持ちが良くない(2週間ほど)などがデメリットです。

ヘアカラートリートメントは自宅で手軽に塗布でき、保湿・補修成分が含まれているので髪の健康も保てます。

ただし繰り返し使って色をつけていくので、一度で染まらないことや色持ちが悪いことがデメリットです。

夫々にメリット・デメリットがあるので、自分の目的と体質にあったものを上手に取り入れたいですね。

ノンジアミンの白髪染めやカラートリートメントについて詳しく知りたい方は、下記の記事もぜひチェックしてみてください。
▶ノンジアミンの白髪染めカラートリートメント、ヘアマニュキュア、ヘナおすすめ15選

カラーの頻度を守る

白髪の量が増えてくると頻繁に染めたくなりますが、適切な期間を空けましょう。

一般的にはひと月半~2か月に一度が目安です。

肌のターンオーバーは、成人であれば28日前後ですが、40代では45日周期になるという説も。

ターンオーバーを上回るサイクルで白髪染めをすると、頭皮や髪に過度な負担がかかるので、適切な頻度を守りましょう。

頭皮トラブル予防のために!おすすめのヘアケア  

頭皮トラブル予防のために!おすすめのヘアケア


肌トラブルがあったり刺激の強いカラー剤を使い続けたりすると、どうしてもかゆみなどが起きやすくなります。

トラブルを防ぐためにも、健やかな頭皮を保ちたいですね。

そこで、白髪染め前後の対策にプラスしてぜひ取り入れたいのが、日常的な頭皮ケアです。

特別な手間をかけなくても習慣として出来ることなので、ぜひ意識してみてください。

ここでは頭皮ケアのポイントと、おすすめのヘアケア製品もご紹介します。

頭皮ケアを習慣に

頭皮トラブルが起きる人は、肌のバリア機能が弱っている可能性があります。

日ごろから使うシャンプーやヘアケアが肌に負担になっていないか、見直してみましょう。

シャンプーはアミノ酸系など肌に優しいものを使用する、洗うときにごしごしこすらず、シャンプーを肌に乗せる感じで洗うなどすると負担がかかりません。

また、髪が濡れたまま寝ると頭皮に雑菌が繁殖しやすくかぶれの原因にもなるので、しっかり乾かしてから寝ましょう。

頭皮から出る皮脂は頭皮を保護する役割があるので、白髪染めの前日は出来ればシャンプーはしないことをおすすめします。

染めた後はカラー剤をしっかり落とし、シャンプーとトリートメントでケアしましょう。

カラーケア用のシャンプーやトリートメントは、髪のダメージを抑えて色持ちを良くする効果もあるのでおすすめです。

普段使いのヘアケアは、低刺激のものを 

毎日使うシャンプーやコンディショナーは、髪への刺激や負担が少ないものがおすすめです。

洗浄力が強すぎるシャンプーは肌に必要な保湿成分を取ってしまうので、弱酸性で洗浄力がやさしいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

KAMIKAクリーム黒髪シャンプー

KAMIKA(カミカ)

健やかな髪と頭皮環境をサポートする、クリームタイプのシャンプーです。

頭皮をマッサージしながらなじませて、3分置いてすすぐだけ。

頭皮と髪に嬉しい9種の植物エキスや3種類のオイルなどを配合し、しっとりツヤのある髪、頭皮改善や白髪対策にもアプローチします。

シャンプー・リンス・トリートメントがこれ1本でできるので、忙しい人にもぴったりです。

【レビュー】

今までどのシャンプーを使っても、パサパサ、細髪が改善されず悩んでいましたが、ダメ元でカミカさんのお試しを2袋注文し数日間使用してみました。初日から明らかに髪がしっとりし、翌朝のツヤ感には感動しました! 香りも優しく、クリームで頭皮をマッサージすることが心地よく大変気にいりました。 すぐに本体を注文し本日届きましたが、毎日のシャンプーが楽しみになり、50代でも 髪にコシが出てふんわりツヤ髪となり、ありがたく使わせて頂いております。

洗っている時は全く泡立たないので本当に汚れが落ちているのかなと不安になりますが、洗った後は頭皮がすっきりして髪もさらさら軽いです。 でも実は何よりも気に入っているのは、これ1本で済むのでかなり時短になることです。

公式サイトの定期便なら初回限定で65%オフ。

その後も割引価格で購入でき、休止や停止もできるので、無理なく続けやすい商品です。

【内容量】400g

【商品価格】定価:5,800円(税抜)⇒ 定期便の場合、初回限定1,980円(税抜)

 ▼ 65%OFF!20日間返金保証付きで安心 ▼

髪質、頭皮タイプに合うものを

乾燥肌やオイリー肌など、髪がパサつきやすいなど、肌と髪のタイプも人それぞれです。

頭皮が乾燥肌しやすいなら、皮脂を取り過ぎず保湿効果もあるものを、皮脂が多いなら皮脂コントロール効果のあるものなど、体質に合うヘアケア製品を選びましょう。

白髪染めの場合、ノンジアミンでも他の化学染料や植物成分にかぶれる人もいるので、自分の肌に何が合うのかを知っておくことが大切です。

シャンプーブラシは使い方に気をつけて

頭皮ケアのためにシャンプーブラシを使っている人もいるかと思います。

ブラシを使うので爪で頭皮を傷つけずにムラなく洗え、頭皮のマッサージ効果も期待できます。

ただし、使い方を誤ると頭皮ケアには逆効果になりますので気を付けて。

力が強すぎると頭皮を傷つけてしまうので、手指で洗う時と同じように、やさしく押す感じで使いましょう。

また、シャンプー後そのままにしておくとカビが発生しやすくなります。

使った後はよく乾かして、風通しの良い場所に保管するようにしましょう。

まとめ

白髪染めは年々進化しており、染め方やカラーの選択肢も増えています。

かゆみを起こさずに出来るのが一番ですが、トラブルの原因と対処、予防策を知っておけば、万一かゆくなったときにも正しく対処できるはず。

アレルギーやトラブルの予防として、日頃の頭皮ケアも行ってみてください。

記事で紹介したノンジアミンの白髪染めやカラートリートメントについて詳しく知りたい方は、当サイトの別記事でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

copyright (c)marketingseven All rights reserved.