短髪メンズにオススメの白髪染め5選|初心者でも自宅で綺麗に染まる

短髪メンズにオススメの白髪染め5選|初心者でも自宅で綺麗に染まる

短髪は比較的白髪が目立ちにくい髪型ですが、新しい白髪が生えてくるとやはり気になる人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな短髪メンズにとって役立つ白髪染め情報をご紹介します。

短髪メンズならではのお悩みだけでなく、お悩み別にオススメの白髪染め、自宅で上手に染めるコツなど、初めての方でも自分に合った白髪染めが選べるようになっています。

目次

実は難しい短髪メンズの白髪染め

実は難しい短髪メンズの白髪染め


気軽にできそうな白髪染めですが、実は短髪ならではの難しさもあります。

よくあるのが、

「髪が染料を弾いてしまった」

「短髪だからムラが目立つ」

「地肌が染料の色に染まってしまった」

といったもの。

まずはそれぞれの理由を探ってみましょう。

短髪だと白髪染めがうまくいかない理由

短髪だと白髪染めがうまくいかない理由

染料を弾いてしまう

髪が短いとタワシのように弾く力が強くなるため、染料を弾いてしまうことがあります。

これは、短髪ならではの悩みです。

髪は長ければ長いほど、自身の重さで垂れていきますが、短髪だと直立に近く、また跳ねやすいのです。

ムラが目立つ

うまく染められなかった時に、ムラが目立ってしまうことがあります。

短髪の場合、髪形のアレンジが限られているので、ごまかしきれないことも。

特にベリーショートの人に多いお悩みです。

地肌まで染めてしまう

髪を染めたかったのに、髪だけでなく地肌まで染めてしまうケース。

髪が短く、地肌と近いために起きてしまうトラブルです。

特に坊主刈りは髪が短いので地肌まで染まっていると目立ってしまうことも。

また、染料によっては地肌を痛めてしまうこともあるので、できれば避けたい事態です。

生え際が目立つ

生えてきた白髪が目立つのも短髪ならでは。

白髪を隠すにはこまめなケアが必要になりますが、頻繁に染めるのを面倒に感じる人もいます。

お悩み別!オススメの短髪メンズ用白髪染め

ここからは、それぞれのお悩み別にオススメの白髪染めを紹介します!

染料を弾くのが気になるのなら…
【メンズビゲン ワンプッシュ】

メンズビゲン ワンプッシュ


クリームタイプなので飛び散りにくく、鏡の前で使うこともできる白髪染め。

混ぜる手間もなく、そのままワンプッシュで使えるので初心者にも使いやすくなっています。

たっぷりめにつければ塗りムラ防止にも。

色展開

全6種類/ライトブラウン、ナチュラルブラック、ダークブラウン、アッシュブラウン、ナチュラルブラウン、ナチュラルシャドウ

放置時間

5分(ライトブラウンは15分)

内容量

80g(残りは保存可能)

価格

オープン価格

【レビュー】

ワンプッシュで必要な量だけ2液が混ざって出てくるので、生え際などの部分染めに適しています。 染め時間が短いのが便利です。 そこそこ染まりますので、全体染めのつなぎにオススメです。

白髪染めタイプのトリートメント並みの短時間にて、使用出来る優れた商品です。 髪が伸びた頃に、また使えるように、保存が効くのも魅力的な商品です。

ムラが気になる時には…
【利尻カラーシャンプー】

利尻カラーシャンプー

いつものシャンプーをこちらに変えるだけで徐々に白髪を目立たなくさせる白髪染め。

ノンジアミンなので髪や頭皮にも優しい仕様になっています。

1回ですぐに染めることはできませんが、シャンプー代わりにできる手軽さで放置時間もないのが魅力です。

色展開

全4色(ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ブラック)

放置時間

なし(泡立ててすぐ洗い流してOK)

内容量

200ml

価格

3500円(税抜)

【レビュー】

私は60になる前から利尻カラーシャンプーを使っていますが、会社の後輩にも教えたところ「自然な感じで全然わからなかった!」と感激して早速注文していました。この頃彼も前と比べて白髪が目立たなくなり、若々しく感じられるようになりました。

毎日使用していますが、普通のシャンプーみたいに使えてます。染まりは私の場合、完全には染まっていませんがかなり白髪が目立たなくなりました。充分かと思ってます。

地肌をいたわりたい時は…
【メンズビゲン カラーリンス】

メンズビゲン カラーリンス

トリプルアミノ酸配合で、髪や頭皮に優しい仕様になっている白髪染め。

毎日のシャンプーの後に使うことで、徐々に白髪を染めていけます。

爽やかなシトラスマリンの香りでバスタイムをリラックスしながら過ごせます。

色展開

全3色(ダークブラウン、アッシュブラック、ナチュラルブラック)

放置時間

3分

内容量

160g

価格

オープン価格

【レビュー】

一回当たりの所要時間が短く、徐々に染まるので使用前後の違和感がないのが高ポイントです。ただ、効果が出るまでには数回かかります。 すでに複数回リピートしていますが、結論としては買って良かったと思っています。

美容院や自分で染めていましたが、皮膚への刺激が気になったのでこちらに乗り換え。 結論から言うと、私の髪であれば使用に耐えうるレベルで染まりました。が、白髪のほうが多い方は難しいかもしれません。リンスなので、髪の手触りもツルサラになりました。

生え際が気になる時は…
【スカルプdヘアカラーコンディショナー】

スカルプdヘアカラーコンディショナー


シャンプーの後に使うタイプの白髪染め。

白髪の気になる部分から塗っていくタイプの白髪染めで、部分染めも全体染めも対応できるのが特徴。

生え際などの染まりにくい部分は多めに塗布するとキレイに染めることができます。

専用ブラシがついています。

色展開

全2色(ディープブラウン、ナチュラルブラック)

放置時間

5分

内容量

150g

価格

2130円(税抜)

【レビュー】

カラーリンスなのに専用ブラシが付いていたり「指に付かないように手袋を…」と毛染め剤ばりの記述があって、最初は「面倒なものを買ったかな?」と思ったら、ヘアカラーよりも楽でした。 そして1回でしっかりと染まっているのが嬉しい! 1回で染まって10回で使えるのでコスパもいいです。

まともに染まる商品にやっと出会えました。 リンスタイプは全く染まらない商品ばかりでしたが、口コミで選び正解でした。 クシで塗り込むと手も汚れず使いやすいです。使い始めは2~3回連続使用で後は週一で大丈夫です。 タオルドライはタオルを分けて使ってます白いタオルだと色移りします。

短髪メンズでも自宅で白髪を綺麗に染めるコツ

短髪メンズでも自宅で白髪を綺麗に染めるコツ


短髪メンズが自宅で白髪を染める時に、準備するとよいものやコツをご紹介します。

準備するとよいもの

最近の白髪染めは、ブラシやビニール手袋などがついている商品が多くなっています。

その中でも、さらに準備するとよい便利なものをご紹介します。

汚れてもよいタオル

特に初めて白髪染めにチャレンジする場合、その商品がどこまで色移りするのかわからないのが難点です。

汚れてもよいタオル、もしくは色移りしても目立たない濃い色のタオルを用意しておきましょう。

頭皮に色がつくのを防ぎたい時は「プロテクトクリーム」を

「頭皮に色がついてしまうのは避けたい」という場合には、白髪染めを使用する前にプロテクトクリームを塗るといいでしょう。

プロテクトクリームは染髪やパーマのために開発されたクリームです。

美容室などでよく使われており、髪の毛に染料がついても髪は染まり、地肌には色がつかないという特徴があります。

アルカリカラーや酸性カラー、ヘナを使った白髪染めに使うことができるので、気になる方は使ってみてもいいでしょう。

専用のコームがあればさらに便利に!

一口に短髪といっても髪の長さは人それぞれです。

自分の頭皮にはつかないギリギリの長さのコームがひとつあると、誤って地肌に染料をつけずに済みます。

※髪全体を泡立てるシャンプータイプの白髪染めにはコームは必要ありません

短髪でもキレイに染めるコツ

放置時間を自分にあわせる

最初は使用説明書に書かれた放置時間でチャレンジしてみましょう。

染まりが悪いと思ったら、少し伸ばしてみるのも手です。

ただし、頭皮に違和感を覚えたらすぐに中止しましょう。

放置時間は髭剃りをしたり身体を洗ったりと、有効に使う人が多いようです。

洗い流す時がポイント

洗い流しが十分でないと、部分的に染料が残ってしまったりして色ムラの原因になります。

いつものシャンプーより気持ち丁寧にすすぐようにしましょう。

白髪染めが地肌についてしまったら?

こめかみや顔周りに白髪染めがついてしまったら、すぐに拭きとるようにしましょう。

クレンジングオイルなども使えますが、よほど目立つ場所でない限り、数日すれば肌の入れ替えと共に目立たなくなります。

また、頭皮についてしまった場合には、白髪染めを洗い流す時にぬるま湯を使い、白髪染めをよく馴染ませて乳化させてから流すようにしましょう。

白髪染めが服や洗面台についてしまったら?

発色するまでが勝負なので、服の場合はすぐに脱いで水洗いしましょう。

漂白剤が有効なこともありますが、そのままクリーニング屋さんに相談するのが一番です。

洗面台は乾いていると色がつきやすいので、あらかじめ濡らしてから作業することをおすすめします。

ついてしまった場合には、すぐに拭けば大事には至りません。

まとめ

短髪だと意外と難しい白髪染めも、難しく感じてしまう原因を知れば自分にあった白髪染めを選ぶことができます。

タイプによって放置時間や染める頻度が違いますが、自分の生活スタイルにあった商品を選ぶようにしましょう。

copyright (c)marketingseven All rights reserved.